2012.07.18

みつあみ

五月の終わり
 
あたらしいホームページの絵を描いていただけることになり、小出茜さんにお会いしました。
 
 
はじめて小出さんの絵を見たときの、心がきゅうっと握りつぶされる感覚が水にもどる。
 
 
おこがましくて怒られちゃうかもしれないけれど、違う国で同じことをしているわたしたち。
猫みたいだった。
 
 
帰り路はコンクリートがやわらかくて
宝石が埋めこまれたみたいに光っていた。
 
一生になんども訪れない
魔法にかかった夜

image_jpeg_1_blog_photo_120718_s.jpg